2016年12月07日

【第127号】2016/12/06


2016/12/06発行
宅建ダイナマイト合格スクール・公式メールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第127号】もっと宅建ダイナマイト\(^o^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宅建ダイナマイト合格スクールのおーさわです。
12月になりましたので、活動を再開しまぁーす!!

講師稼業の我々にしてみれば、新年です。
あけましておめでとう、でございます。

といいますのもね、先日の11月30日(水)に、不動産適正取引推進機構より、平成28年度の宅地建物取引士資格試験の合格発表がありましたでしょ。

あらためまして、宅建ダイナマイターズのみなさん、受験お疲れさまでした。
いろいろな思いはありましょうが、みなさんもワタシも、一区切りですね。

なので、もう新年度というノリで(笑)。

で、とりあえずというか、やはり、2016年度(平成28年度)の宅建試験を振り返っておかないとね(←そりゃそうだろ・笑)

以下、試験機構が公表した「実施概要」と「合格者の概要」です。

ざっというと、19万人〜20万人が受験して、合格率は15%程度。
上位3万人が合格。

例年どおりでした。

ーーーーーーーー

◆申込者数
24万5,742人(男:17万2,623人、女:7万3,119人)

◆受験者数
19万8,463人(男:13万8,710人、女:5万9,753人)

ーーーーーーーー

◆合否判定基準
50問中35問以上正解
(登録講習修了者は45問中30問以上正解)

ーーーーーーーー

◆合格者数
3万589人(男:2万450人、女:1万139人)

◆合格率
15.4%(男:14.7%、女:17.0%)

ーーーーーーーー

以上です。

なお、最高齢合格者は77歳の男性(東京)、最年少合格者は16歳の男性(東京)とのこと。

職業別構成比は、不動産業33.3%、金融関係9.0%、建設関係10.0%、他業種23.3%、学生11.1%、主婦4.4%、その他8.6%でした。


ついでに「本試験問題」を振り返ってみますと・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜
★ザ・35点の道★
〜〜〜〜〜〜〜〜

倒せイモータンジョー(怒)
〜マッドマックス・怒りのデスロード編〜

ちょっと、古いかなー。

じゃあ、

・・・この問題って誰?
答えが、わかならい・・

〜「君の名は」編〜

ちなみに、おっさんなのに、2回も観てしもーた。

三葉になりたい。
でも三葉がオレになったら、かなり気の毒(笑)

------------------------------
【権利関係】問1〜問14
------------------------------
これは得点してちょー!!
というのが、問2、問3、問6、問8、問12。
ここで5点ゲット。

ちょっと手こずった感があるのが、以下。
問4、問9、問10、問11、問14かなー。
おそらく五分五分なので、3勝2敗と勝ち越せれば。

なんじゃこりゃ、で、ヤマカン頼みが、問1、問5、問13。
1勝くらいできていれば。

トータルで9勝5敗だと、あとがラクでうれしい展開。
7勝7敗だと、厳しい展開。

----------------------------------
【法令上の制限】問15〜問22
----------------------------------
こんな問題、できねーし、みたいなのが問16。
えぇー、あれ〜???と手こずりそうなのが問17、問19。

農地法、宅地造成等規制法は楽勝。
土地区画整理法も、今年は作問者さんありがとう。
なんとかふんばって、国土法も得点して、6勝2敗だといいなー。
4勝4敗だと、これまた厳しい。

----------------------------------
【税・鑑定評価】問23〜問25
----------------------------------

問25はアウト。ヤマカンでしたね。
問23の不動産取得税、問24の印紙税。
この2問ができたかどうか。
できれば、2勝1敗。

ここで前半終了。
権利9勝・法令制限6勝・税その他2勝で17勝8敗だったとすると、残り25ゲームを18勝7敗で、優勝(35点)です。

前半を振り返って、やはりポイントとなるのは「法令上の制限編」の8ゲーム。
ここが4勝くらいだと、前半の成績が15勝10敗くらいになるので、残り25ゲームを20勝5敗。

・・・なんかプレッシャーがかかる(汗)

さて、後半のはじまりです。

----------------------------------
【宅建業法編】問26〜問45
----------------------------------

問36、問37、問44、問45。
ここが勝負。五分五分か。2勝2敗。
3勝1敗だと、いい展開。

今年は比較的簡単とはいえ、問28、問29、問33、問38、問43が個数問題(いくつあるか・組み合わせ)なので、取りこぼしもあろう。
仮にここが3勝2敗だったとする。

すると、「2勝2敗」+「3勝2敗」=5勝4敗。
残りの宅建業法を全勝すれば、16勝4敗だが。

取りこぼしがあって「15勝5敗」だとすると、前半を17勝でターンしてきた人は、ここまででトータル32勝。
15勝ターンの人は30勝。

なお、5点免除講習(業界の従業者)の方だったら、30勝の時点で優勝(5点アドバンテージあり)。

50問で受験の方は、さぁ、最後の5問だ。

32勝の人は、3勝2敗で優勝。
30勝の人は、5連勝あるのみ。

----------------------------------
【統計その他】問46〜問50
----------------------------------

問47の景品表示法はオッケーだと思います。
問49の土地の話もだいじょうぶかな。
問48が当たっていれば、3勝2敗か。

さぁ、運命やいかに・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、振り返ってみました。
こんな戦い方になるかなーと。
もちろん、実際の得点状況とは異なるとは思いますが。

あ、もしよかったら、これ(ザ・35点の道〜君の名は編〜)、深夜のホームルームでやったりしてみる?

来年受験する人で、今年の問題を持っていない人は、PDFだな。
解説つきでダウンロードできるようにしておくか。

今年のうちに1回くらい。
どうでしょ?

みなさんのご希望があれば。

でね。
やっぱりさ、宅建業法編と法令上の制限編なんだよね。

もしもだよ。
たら、れば、だけど。

宅建業法が17勝だったら。
法令上の制限で6勝していれば。

33点〜34点で惜敗のみなさん(←ものすごく大勢の方がいらっしゃいます)、ザンネンだったけど、お時間ありましたら、じぶんの戦いぶりを振り返ってみてね。

我がヤクルトスワローズ(←スワローズだけではありませんが・笑)の監督だった野村克也氏いわく、

「負けに不思議の負けなし」

ちなみに、「勝ちに不思議の勝ちあり」だそうです。

なんかわかんなかったんだけど、当たっちゃった〜(笑)
まぁ、それはそれで、よしとしましょう。

そんなこんなですが。

あらためまして、宅建ダイナマイターズのみなさん、平成28年度の受験講座におつきあいくださいまして、どうもありがとうございました。
みなさんのおかげで、今年度も楽しく「おーさわセンセー」をすることができました。
講師冥利に尽きます。
重ね重ねになりますが、サンキュー。
ありがとう。

合格したみなさん。
おめでとうございます。

年末でお忙しいとは存じますが、感動があるうちに(←例年、来年の2月にはすっかり失せますが・笑)、ぜひ「ドッカン合格体験記」をお寄せください。ホームページ等にアップさせていただきます。

すでに体験記をお寄せくださいましたみなさん、どうもありがとう。
アップしたら、ご連絡しますね。

で、「君の名は?」になってた人は、リベンジだ。
ケリをつけよう。
いいじゃないか、またやろうぜ。

その分、君は、強くなる。

平成29年度も、「おーさわセンセー」は全開バリバリでやっていきます。

はじめてチャレンジする方も、リベンジ組も、合格めざして突っ張りしましょう。

例年どおり、いっしょに盛り上がっていこーぜ〜!!

これからも楽しい空気感満載で、いろんなコンテンツをお届けします。

お楽しみに〜!!

〜〜〜〜〜
【追 伸】
〜〜〜〜〜

★宅建ダイナマイト・アフター企画★
〜宅建とったらカネに変えよう〜

「ぶっちぎり就職相談所」はじめます!!

なんじゃ?
はい、そうです。
せっかく宅建士の勉強をしたんだから、資格を活かしてカネを稼ごう!!

と、じつはですね、宅建ダイナマイターズのみなさんから、ずいぶん前からご要望があったんですけど、機が熟していなかった(というと聞こえはいいですが・笑)ため、やってなかったんですけど、ついに機が熟したので(←ホントかよ・笑)、はじめます。

・不動産業界ってさ、ブラックなの〜?
・実際はどんな仕事をするの〜?
・賃貸と売買があるけど、適性はあるの〜?
・資格手当は、相場的にいくらなの〜?
・宅建士の仕事、週に4回くらいしたいんですけど!
・登録実務講習は受けたんだけど、もっと実務を知りたい!
・おもいきって、起業っていうのも視野に入れてます。
・営業はしたくないけど、宅建士だけの事務でもだいじょうぶ?
・っていうか、そもそもじぶん、不動産に向いてる?

などなど、そんなみなさんの声が。
そっか、そうだよな。
仕事、だよね。

オレもいつのまにか(←いつのまにか、じゃないだろっ)50過ぎたし、宅建ダイナマイターズも、不動産会社の社長たちも、オレより年下が多くなってきたし。

話を聞けば、社長たちもね、採用に困っているのよ、じつは。

大手の転職サイトに頼んでも、ま、そりゃけっこうカネがかかるし(知らない人だと、たぶんびっくりする額です)、「こういう人がほしいんだよな」っていう人が、実際にはこないし。
要は、カネと手間(時間)ばかりかかる、とかね。

一方、仕事したい(カネに変えたい)というほうも、不動産業界って怖いし、とか。

で、不動産業界に特化したキャリアコンサルティング業「ゲンライト」の元吉さんと、「どうしたもんかねー」「そうですねー」「じゃあやろうか」「やってみますか」と居酒屋談義で話がまとまりまして。

じゃあさ、オレたちのやり方で、両者の間を、つなげちゃおう。
もちろん、楽しい空気感満載でね。

ぶっちぎり大放送でも、触れてみました。

2016年10月22日(土)の【ON AIR】
ゲンライトの元吉さんをゲストにお迎えしたときの放送分
>> http://ameblo.jp/takkendyna/entry-12212947581.html

2016年11月26日(土)の【ON AIR】
元吉さんのご紹介で、東京ハピネス不動産の市野美由紀さん出演の放送分
>> http://ameblo.jp/takkendyna/entry-12223839971.html


えーとですね、名付けまして

就職活動エンタメ化計画!!

・・・どっかで聞いたフレーズですが(笑)

平成29年度からの活動に向けて準備しています。
不思議なもんで、じぶんたちが「その気」になって行動していると、いい出会い(会社さんとかスタッフとか)があるんですね。
おかげさまで、トントン拍子です。

でね、宅建ダイナマイターズのみなさんのなかで、「この話、興味あります」とか「もっと話を聞いてみたい」という方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、別途、おーさわセンセー宛にご一報いただけないでしょうか。

dyna159@gmail.com

メーリングリストかSNSかLINEか、なんらかのコミュニケーション手段をご用意してみます。

もっともっと、みなさんの生の声が聞きたいのよ。
だってみなさんが喜んでくれないとね。
いいサービスを作りたいワケだ。

たとえばね、不動産業界ドラフト合コン。

採用したい社長たちと、仕事をしたい宅建ダイナマイターズとの、合コン。
居酒屋です。
飲み会です。
焼き鳥です。
ざっくばらんに、ぶっちゃけて、あれこれ、お互い聞きたいことがあるだろうしね。
気に入ったら、もっとお互い、話を聞いてみたら。

と、そんな企画を持ち込んだらさ、社長たちも、「わ、おもしろそう」と乗り気。
宅建ダイナマイターズもさ、そっちのほうが気楽だろ。

東京以外でもやってくださいよ、と早くもリクエストがあったりしてます。

ということで、「なんかおもしろそう」と思ってくれたら、ご一報をヨロシクです。

合格者している人のほか、リベンジの方も、これからチャレンジする方でもオッケーです。

リベンジの人も、これからチャレンジする人も、だってさ、受かるんだろ、平成29年度にね。

早めに準備しておこう。

そしてみんなで、人生ドカンを弾ませましょう。

もろもろ、今後ともどうぞヨロシクお願いいたします。

◆◇◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

またなにかご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。
ご感想のお送り先もこちらまで

>> dyna159@gmail.com

メルマガのバックナンバーはこちら
>> http://takkendyna02.seesaa.net

◆◇◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

■ 発行元:宅建ダイナマイト合格スクール
>> http://t-dyna.com/

■ ご登録・解除はお手数ですが下記にてお願いいたします。
>> http://t-dyna.com/contact/

■ お問い合わせなど(事務局)
>> dyna159@gmail.com

◆◇◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥
posted by 宅建ダイナマイト合格スクール at 10:13| Comment(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: